スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

〔インド〕デリーの朝

4月20日、バラナシへのチケットを買う。駅には外国人専用オフィスがあり、冷房が効いていて快適。
3-Tier(エアコンつきの3段寝台車)820Rs。
ちょうど高額ルピーを持っていなかったのでドルで払うよと言ったら、
受付のお兄さんに
「ドルはレートがめちゃ悪いから外の両替所で変えてきなよ」
といわれる。
めんどかったのでいいよいいよ、と言うと、高いのに・・・とブツブツ言いながら会計してくれた。
後で計算したら400円も損していた。私のバカバカバカ!!!
旅は長いのだから気を抜いてはならないのに。

しかしインド人は意外と良い奴が多かった。インドのイメージと言えば、どこそこでボられたとか旅行会社で高額のツアーを組まされたとか、
四方八方からリクシャが騙しにやってくる、というものだったが、一般の人はすごく親切で、会計のごまかしも正してくれるし、悪質な客引きも一般人の前では退散してゆく。
道端の自転車屋で道を尋ねた後、複数の人にハローハロー!!と大声で呼ばれ、なんだ客引きかうざいな、と思っていたら、
50Mくらい行ったところまで追いかけてきて、私が落とした日本大使館のレターの書類を届けてくれた。うたぐって悪かったな、と思う。

しかし、途中で会った日本人は、コルカタで10万円盗まれて文無しになって泣いている大学生を見た、と言っていた。
いるところにはいる、ダマされる人。気をつけよう。

それはさておき、
時差もあって早起きしてしまい、2日目はさっそく朝7時から宿を出て散策した。
朝のインドの街には、幸せな気持ちを呼び起こす光景が広がっている。
少しずつ明るくなる商店街、ほの暗い路地裏に光が差し込み、学校に向かう子供たちが駆けて行く。
チャイ屋やラッシー屋以外は営業しておらず、人々は慌しい一日が始まる前のひと時を楽しんでいる。外国人旅行者も客引きもいない。気持ちをあわ立たせる人工的な喧騒ではなく、生活者の生の喧騒である。
朝の光景は、東京もパリもデリーも変わらないな、と思った。

ぼろぼろのほったて小屋の前にはヨーグルトをかき混ぜる釜が煮立っていて、それからラッシーをつくるのだ。
インド人たちと一緒に汚い小屋の奥で飲んだ冷たいラッシーはびっくりするほど美味しかった。

それはさておき、パキスタンのビザが取れなかったのでさっそく予定変更しそうです。今バラナシにいるのでネパールに行こうかと考えています。なにかいい情報あったらください。

スポンサーサイト

2007.04.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。