スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

〔ウズベキスタン〕最悪な日

ウズベキスタンの文化について書くつもりだったんですが、
いろいろありすぎて観光どころじゃない。。。

12日、ブハラ着。ぼーっとしていると、地元のセクシーロシアンギャルズ3人に話しかけられる。今まで会ったウズベク人と違い英語が堪能すぎて、逆に戸惑う。彼女たちは大学生で、英語を専攻しているそう。その中の一人が
「よかったら私の家に泊まらない?」
またキター
なんでここの人たちはこんなにピュアなの?
言葉もわからない観光客なのに、道に迷ってると
いきなりタクシーで目的地までつれてってくれたり、(お代は彼ら持ち)、
乗り合いタクシーはお金払おうとしたら
いいよいいよってただ乗りさせてくれるし
ていうかこの国、女性はバス代タダとかなんですか?
だれも払ってる気配ないんですけどってか私も払ってないんですけどってか請求もされないんですけど・・・

そして今回もまた好意にあずかり彼女の家に。
彼女、バザリーは19歳で、早くにお父さんを亡くしていて、家は女ばっかりで貧しいようで、
おんぼろアパートでお湯も出ないようなおうちだけど、
それでも家族は暖かくて、ごはんをたくさん出してくれて、
移動やおやつ代を出してくれて、

いまさらだけど、
人の心と国のゆたかさって全然比例してないね。。。

彼女は外国で勉強したいけど、この国の政治は未だ国民に対して厳しくて、国民の自由は未だ少なくて、
ロシアに行くのも難しいらしい。
大学に行くのも本当に苦しい家計を削ってのことだそうだ。

彼女の夢はスチュワーデスになって世界中の国に行くこと。
英語がこれだけ堪能で美しい彼女なら絶対に夢を叶えられると思う。

日本と同じ、布団で寝て、すごく居心地がよかった。


が、次の日、

バザリーと友達のリナが、旧市街を案内してくれると言うので
一緒に歩いていると、警察に呼び止められる。
ウズは警察の力が強くて、警察による観光客への賄賂要求や盗難が問題になっている国。
そして私は民泊のため、外国人が必ずホテルで毎日しなければならないレギストラーツィアをやってない!
これがばれたら連行、罰金を取られる可能性もある。
どうしようーと焦っていると、尋問されているのは彼女たちの方。
警察いわく
「ガイドの許可証も持ってないのに外国人を案内するのは犯罪だ!!法律違反の疑いがあるから身分証と、ここに連絡先を書きなさい!」
なんで?!ただ私たちは友達で、彼女たちはなんにもしていないのに・・・


結局身分証の提示で警察からは逃れたけど、

しばらくするとまた偉そうなおっさんが猛スピードで近づいてきてなんかわめいてる。
彼は政府観光局の偉い人らしく、やっぱり
「ライセンスもないのに観光案内してはいけない!ここに連絡先を書きなさい!政府に連絡する!」と・・・

連絡先を書きながらバザリーは震えていて、私は強制的にホテルを決めさせられ、彼女たちとは別れ別れに・・・

なんで友達になって、こんなに良くしてくれる人たちにこんな思いさせなきゃならないの?!
ほんとこの国の公的機関は腐ってる!!!!!

なんか盗難には合うわ、
航空券はボラれるわ(私のミスなんだけど)、
警察にびくびくしながら観光しなきゃならないわ、
正直あんまり面白くないわでさんざんです。
ウズベキスタン来なきゃよかった・・・


早くトルコに行きたい・・・。

スポンサーサイト

2007.05.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。